生体調整物質による生理機能の制御(27)

生体調整物質による生理機能の制御(27)

課題番号1993005582
研究機関名養殖研究所(養殖研)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題種苗生産及び養殖技術の高度化
大課題養殖技術の高度化
中課題生体機能の発現と制御
小課題生体調整物質による生理機能の制御(27)
摘要トリプトファン(Trp)の代謝産物である5−HTのアユ性成熟機構への関与を再確認するため、3年度の卵黄蓄積期のアユ(雌GSI;約9)を対象とした効果判定試験に続いて、4年度は卵黄蓄積開始前の未熟魚(雌GSI;0.1以下)を用いて効果判定試験を行った。トリプトファン添加飼料区では、雌雄とも排卵・産卵が対照区と比較して1〜2週間早まる傾向が認められた。一方、5−HT生合成阻害剤添加飼料区の雌では、対照区より1カ月以上排卵が遅延する傾向が認められた。しかし、いずれの処置も卵黄蓄積速度には影響しなかった。以上の結果は、3年度の結果とほぼ一致しており、Trpの経口投与や魚体内の5−HTレベルの制御によって、アユの最終成熟時期を人為的に操作し得ることが示唆された。
研究分担栄養代謝・栄研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039068
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat