甲殻類における生体防御機能の発現にかかわる血球の役割(28)

甲殻類における生体防御機能の発現にかかわる血球の役割(28)

課題番号1993005583
研究機関名養殖研究所(養殖研)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題種苗生産及び養殖技術の高度化
大課題養殖技術の高度化
中課題生体機能の発現と制御
小課題甲殻類における生体防御機能の発現にかかわる血球の役割(28)
摘要培養条件下のイセエビ血球において、殺菌作用をもつ過酸化水素の産生が確認された。特に顆粒球は、細菌の存在下で産生量を増大させることが明らかになった。また、顆粒球ライセートは無顆粒・小顆粒球に対して細胞崩壊作用をもっていた。無顆粒・小顆粒球を蒸留水で浸透圧的に崩壊させても血球凝固を生じることから、凝固タンパクは無顆粒・小顆粒球に含まれており、顆粒球のタンパク性凝固誘導因子の役割は、細胞崩壊誘導作用であると推察された。さらに、イセエビ血リンパの血漿分画にも同じ作用を示すタンパクが存在することがわかった。これらの結果は、血リンパ凝固の初期過程でおこる血球凝固に血漿分画の成分も関与することを示唆する。
研究分担栄養代謝・飼研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039069
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat