アサリ稚貝の着底と生き残り条件の解明(55)

アサリ稚貝の着底と生き残り条件の解明(55)

課題番号1993005609
研究機関名養殖研究所(養殖研)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題有用水産資源の培養及び管理技術の確立
大課題水域生産力の有効利用
中課題好適生産環境の解明と制御
小課題アサリ稚貝の着底と生き残り条件の解明(55)
摘要三河湾域においてアサリの後期浮遊幼生の分布調査を行った。5月下旬の二度にわたる湾内全域28地点の調査の結果では、水深5m層での幼生密度は1立方Mあたり0ないし880個体と地点により大きく異なるが、沿岸線に沿って高い密度で分布する傾向が認められた。また4地点(水深15m以浅)での垂直分布を見ると、深い層ほど密度が大となる傾向があり、海底近くで幼生が着底準備の態勢にあることが窺われた。知多半島先端部の1地点での幼生出現の経時変化を見ると、5、6月と10月に2回のピークが見られるが、4月から12月までの間の28回のサンプリング調査のうち幼生の見られなかったのは4回のみで、全湾的に見ると春秋2回の盛期は別として産卵は通年的に行われていると見られる。
研究分担環境管理・環動態研技2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039095
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat