河川・湖沼における放流魚の行動特性(59)

河川・湖沼における放流魚の行動特性(59)

課題番号1993005620
研究機関名養殖研究所(養殖研)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題有用水産資源の培養及び管理技術の確立
大課題放流種苗の行動制御
中課題魚介類の行動・回遊機構の解明
小課題河川・湖沼における放流魚の行動特性(59)
摘要湯川におけるニジマス及びカワマス種苗放流の効率化と遊漁場としての資源管理技術開発のために、河川における各魚種の生態学的特性の解明が重要である。そこで、59〜4年度の各4月と10月に行われた釣獲調査の結果を解析し、各魚種の種苗放流効果とその個体群動態を研究した。その結果、■種苗放流(特に成魚放流)量、釣獲尾数、入漁者数の間には正の相関がある■両魚種とも低水温季は渓流域を好み、秋季までには湿原域まで分布を広げる■カワマスの産卵期は秋季だが、ニジマスは飼育環境と異なり原種と同様春季が産卵期となる■カワマスのみならず、ニジマスも自然再生産している可能性がある、等の事実が明かとなった。
研究分担日光・繁殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039106
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat