魚類の新しいウィルス病の解明(62)

魚類の新しいウィルス病の解明(62)

課題番号1993005624
研究機関名養殖研究所(養殖研)
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題病害の予防及び防除技術の開発
大課題病原生物の制御技術の確立
中課題病原生物の生理生態の解明
小課題魚類の新しいウィルス病の解明(62)
摘要養殖マダイに発生した大量斃死は、病理組織学的検討からウイルス感染症が疑われたため、ウイルス学的解明を図った。ウイルスの分離・培養は数種類の魚類株化細胞で可能であったが、BF−2細胞の感受性が最も高く他はいずれも低かった。ウイルス核酸はDNA、熱およびアルカリに不安定、酸に感受性を示し、電顕観察では、病魚臓器および培養細胞の細胞質に5ないし6角形の径220nmのウイルス粒子が多数観察されたことから、本ウイルスはイリドウイルス科に属すると考えられた。病魚脾臓磨砕ろ液をマダイに接種すると、自然発病魚と同様の症状を呈して斃死し、斃死魚の臓器から接種ウイルスが再分離され、本疾病はイリドウイルスによる感染症であることを明らかにした。ウイルスワクチン、迅速診断方法等に関しては今後の研究課題である。
研究分担病理・病原生物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039110
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat