飼料供給構造と土地利用型畜産の展開条件(18)

飼料供給構造と土地利用型畜産の展開条件(18)

課題番号1993003180
研究機関名農業総合研究所(農総研)
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題国際化,成熟化社会に対応した農業・農村の発展のための社会経済的条件と内部構造に関する諸問題の解明
大課題農業の生産構造と生産性向上の諸条件の解明
中課題農業の生産構造発展の社会経済的諸条件の解明
小課題飼料供給構造と土地利用型畜産の展開条件(18)
摘要本研究では、飼料供給構造の形成過程を把握し、国内飼料生産の可能性と土地利用型畜産の展開条件を解明することを目的とする。初年度は、既往文献の整理を行い、加工型畜産の展開を、一方におけるアメリカを中心とした余剰穀物の形成と、他方でのわが国の基本法農政の下で穀物輸入増大のメカニズムが発動する過程として分析した。2年度は、粗飼料生産を中心に、土地利用型畜産の形成条件を中国中山間地域の事例分析でつめた。3年度は、愛知県の園芸・畜産地帯に立地した酪農・肉牛経営を実態調査し、経営残さ物を利用した飼料自給体制の強化について検討した。4年度は、都市近郊酪農地帯における遊休農地利用による粗飼料確保の形成条件を検討し、これらの結果を整理している。
研究分担農業構造(部長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039163
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat