農村協同組合運動と政策(28)

農村協同組合運動と政策(28)

課題番号1993003190
研究機関名農業総合研究所(農総研)
研究期間継H01〜H05
年度1993
研究問題国際化,成熟化社会に対応した農業・農村の発展のための社会経済的条件と内部構造に関する諸問題の解明
大課題農業の生産構造と生産性向上の諸条件の解明
中課題農業生産力推進主体形成の社会経済的諸条件の解明
小課題農村協同組合運動と政策(28)
摘要現在農業政策の転換に対応した自主的路線の構築を迫られている農協の将来方向を考えるために、わが国の従来の協同組合の展開に政策が与えてきた影響を解明する。平成4年度は、農協合併問題について、政府・系統の推進方策と都道府県別の合併進捗度の差を時期別に検討し、東北・関東地方において最近合併した農協の実態分析を行った。農協合併のメリットを信用事業面でみると、資金力の増大・事業体勢の積極化・イメージアップなどがあるが、人事交流やスペシャリスト育成等の課題も抱えている。5年度は農協の規模拡大の史的過程を検討し、現在の段階制の再編及び内部組織体制の改革の課題と方向を解明する。
研究分担企連・企画
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039173
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat