農業構造モデルの開発と適用(31)

農業構造モデルの開発と適用(31)

課題番号1993003193
研究機関名農業総合研究所(農総研)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題国際化,成熟化社会に対応した農業・農村の発展のための社会経済的条件と内部構造に関する諸問題の解明
大課題農業の生産構造と生産性向上の諸条件の解明
中課題農業生産力推進主体形成の社会経済的諸条件の解明
小課題農業構造モデルの開発と適用(31)
摘要4年度は、農業構造モデルに関する既往の研究成果について検討するとともに、市町村別の農家人口について、コーホート法による将来予測を行った。西暦2005年までに、農家人口が3割以上減少し、世帯員の高齢化が著しく進むこと、およびこれら人口現象に関する地域性を明らかにした。5年度は、本課題で開発する農業構造モデルに関する基本設計について検討し、あわせて、人口予測の延長としての農業労働力の将来予測を行う。
研究分担農業構造(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039176
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat