養殖施設の流れに及ぼす影響(30)

養殖施設の流れに及ぼす影響(30)

課題番号1993005685
研究機関名水産工学研究所(水工研)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題増養殖場・漁場の造成及び保全技術の開発
大課題漁場造成・漁場保全の計画手法の総合化
中課題漁場保全の総合的計画手法の開発
小課題養殖施設の流れに及ぼす影響(30)
摘要4年度は養殖生簀の1/25模型で水理実験を行った。結果は■流速と生簀の抵抗力の関係は抵抗力は流速の1.7乗に比例していて2乗比例にまではならなかった。■流れ方向に生簀を2台並べた時の相互の影響を調べると、上流側生簀は下流側生簀の影響をほとんど受けない。一方下流側生簀の抵抗力は上流側に生簀がないときの0.1から0.4と小さく、筏より流れ方向の影響は強かった。■水路内に生簀を流れと直角方向に1〜13台並べたときの中央の生簀の抵抗係数は1.8から2.5まで変化した。1台から11台に変わった時の抵抗係数の変化は1.3倍で、筏の時の1.9倍より大部小さく、筏より横方向の影響は弱かった。5年度は配置計画を研究する。
研究分担水産土木・開発シス研環改変研漁施研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039248
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat