音波による魚群制御の研究(36)

音波による魚群制御の研究(36)

課題番号1993005694
研究機関名水産工学研究所(水工研)
研究期間継S62〜H07
年度1993
研究問題効率・計画的漁労技術の開発
大課題適正漁獲技法の開発
中課題魚群制御技術の開発
小課題音波による魚群制御の研究(36)
摘要採餌音と漁船のエンジン音に対する養殖マグロの反応を観察した。体重約35kgのマグロが飼育されている生簀でマグロの採餌中の水中音と餌運搬船のエンジン音を収録し、放音用エンドレステープを作成した。放音5分、無音15分の20分周期、最大音圧92〜132dBの範囲でランダムとして放音し、マグロの反応行動をカラースキャニングソナーで観察した。両方の放音直後、生簀の底で回遊していたマグロが表層に浮いてくる様子が観察された。放音中にも拘らず1〜2分後に放音前の状態に戻った。どちらも110dB以下の音圧に反応しなかった。給餌に伴う音に対しては特別な馴致を行わなくても反応することが分かった。
研究分担漁業生産・魚群制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039257
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat