潜航体による水中探査技術の開発

潜航体による水中探査技術の開発

課題番号1993005767
研究機関名水産工学研究所(水工研)
研究期間新H05〜H07
年度1993
研究問題水産資源,海洋調査及び漁業用計測器の開発・改良
大課題海洋観測器の開発
中課題海洋観測装置の開発
小課題潜航体による水中探査技術の開発
摘要近年水中探査技術の発展が著しい。例えば、計量魚探機やマルチナロービーム音響測深機などがあげられる。しかし、多くの場合これらは、海面付近の船や曳航体に搭載され、遠隔からの観測になる。そこで、詳細な観測をしたい海底付近や海中構造物付近の観察は、分解能が低下したり、ベースが揺れたりしてむずかしい。そこで、近年発達の著しい水中ロボットなどの潜航体にこれら観測機器を搭載して、詳細な観測を行うための技術の開発を行う。5年度はまず、潜航体を用いる探査技術の調査を行う。
研究分担漁船工学・音響研海洋測研制御研船性能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039330
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat