黒潮周辺海域におけるプランクトンの分布と生産機構(11)

黒潮周辺海域におけるプランクトンの分布と生産機構(11)

課題番号1993005079
研究機関名中央水産研究所(中央水研)
研究期間継H01〜H06
年度1993
研究問題水域における生物生産機構の解明
大課題太平洋中区及び関連海域の生物生産機構の解明
中課題餌料プランクトンの動態と生物生産機構の解明
小課題黒潮周辺海域におけるプランクトンの分布と生産機構(11)
摘要低次生産にかかわる生物相互関係を明らかにするため、常磐沖および三陸沖の黒潮フロントにおいて採集したプランクトンの炭素、窒素同位体比と環境要因との関係について解析を行った。表層から水深30mまでの平均水温が15℃以下の混合水域では、水温、硝酸濃度と炭素、窒素同位体比との間に一部、相関が認められた。これは、植物プランクトンが基質を取り込み時、および酵素反応系における分別の大きさの違いによるものと考えられるが、5年度はさらにデータを積み上げ、これらの確認と解明にあたる。
研究分担海洋生産・低次生産研物循研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039344
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat