科学魚探・ソナー及び目視等による浮魚類の数量評価(41)

科学魚探・ソナー及び目視等による浮魚類の数量評価(41)

課題番号1993005115
研究機関名中央水産研究所(中央水研)
研究期間延S62〜H05
年度1993
研究問題水産資源の変動機構の解明
大課題太平洋中区及び関連海域における浮魚資源の数量変動機構の解明
中課題種個体群の数量評価とその変動の把握
小課題科学魚探・ソナー及び目視等による浮魚類の数量評価(41)
摘要4年9月に房総〜三陸・道東海域で魚群量調査を行った。マイワシとカタクチイワシは道東海域で大型魚を各1尾のみ漁獲した。マサバは小型魚を房総海域と道東海域で30尾を漁獲した。前二者の分布量は少なく、後者は比較的多いと判断した。また、5年1月〜2月に常盤・房総海域及び伊豆諸島海域において魚群量調査を行った。常磐。房総海域では沿岸域に魚探反応が多く、調査前後漁況経過から4年級群マイワシと判断した。伊豆諸島海域ではマサバの分布量は少なく、カタクチイワシは多かった。5年にマイワシが道東域まで回遊するか、及びマサバの産卵動向やカタクチイワシの資源動向等、注目すべき問題が多いため本研究は延長する。
研究分担生物生態・資源研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039380
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat