大規模取放水内湾浅海域漁業影響調査(93)

大規模取放水内湾浅海域漁業影響調査(93)

課題番号1993005175
研究機関名中央水産研究所(中央水研)
研究期間継H03〜H07
年度1993
研究問題水域汚染の水産生物に及ぼす影響の解明
大課題放射性核種の海洋における挙動と海産生物に与える影響の解明
中課題海産生物の生育環境における放射性核種の化学的挙動の解明
小課題大規模取放水内湾浅海域漁業影響調査(93)
摘要4年5、7、9月、5年2月に京浜運河の海洋構造、栄養塩、クロロフィルa濃度を調査した。この結果、京浜運河は湾域に較べ通年水温が1〜3℃高く、また栄養塩(NH4、NO3+NO2、PO4)も多い事が判明した。冬季に京浜運河の水温が高いことはNOAAの画像でも確認された。NOAA画像によれば、東京湾の冬季の水温は瀬戸内海や伊勢・三河湾よりも高い。この原因として、海水交換がよいために暖かい外洋水が湾内に流入しやすいことが考えられるが、毎秒1000立方メートルにおよぶ温排水の寄与も吟味する必要があると考えられた。5年度はこうした京浜運河の特殊な条件に応じて、基礎生産やプランクトン出現がどのような特徴を持つか調査する。
研究分担海洋生産・低次生産研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039440
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat