無脊椎動物筋肉の食品学的特性の解明

無脊椎動物筋肉の食品学的特性の解明

課題番号1993005202
研究機関名中央水産研究所(中央水研)
研究期間新H05〜H07
年度1993
研究問題水産物の高度利用技術の開発
大課題加工原理の解明と利用技術の確立
中課題加工技術及び品質の改善
小課題無脊椎動物筋肉の食品学的特性の解明
摘要近年、我が国の水産物の消費動向をみると、イカ類、貝類、エビ類など無脊椎動物の比重が高まってきている。これら無脊椎動物筋肉の食品学的特性については、魚類と比べると未解明の部分が多く、そのため、すり身化などの流通加工技術は魚類に比べて立ち後れている。本研究では、イカなど無脊椎動物筋肉タンパク質の加工機能を解明し、すり身化などの各種加工技術の改良、開発を行う。
研究分担加工流通・加工研食保全研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039467
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat