地域農作物の有用遺伝子の単離と構造解析(52)

地域農作物の有用遺伝子の単離と構造解析(52)

課題番号1993002819
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
研究期間継H04〜H08
年度1993
研究問題温暖・傾斜農業地域における総合生産力向上技術の確立
大課題バイオテクノロジーによる新種苗・新育種素材の開発
中課題地域農作物の新育種素材の開発
小課題地域農作物の有用遺伝子の単離と構造解析(52)
摘要形態・成分等の異なる11系統のシオデ及び5系統のヤーコンについて、葉中の蛋白質及びDNAの系統間差異の検出を試みた。シオデ、ヤーコンともに、通常のSDS−PAGE及び低ビスSDS−PAGE条件においては、葉中の蛋白質に系統間差異を検出することができなかった。一方、両植物のDNAを抽出し、これを鋳型に数種プライマーを用いてPCRを行ったところ、PAGE・銀染色法によって、シオデはRVプライマー、ヤーコンはM4プライマーを用いた場合に最も明瞭に系統間にDNA多型を検出することができた。
研究分担作物開発・育種工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039549
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat