稲病害に対する新殺菌剤の作用特性に関する研究(87)

稲病害に対する新殺菌剤の作用特性に関する研究(87)

課題番号1993002860
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題温暖・傾斜農業地域における総合生産力向上技術の確立
大課題病原微生物の伝染機構の解明と制御技術の開発
中課題地域農作物の主要病原微生物の制御機構の解明と制御技術の開発
小課題稲病害に対する新殺菌剤の作用特性に関する研究(87)
摘要イネ紋枯病に対する新殺菌剤S−658粒剤の4Kg/10a散布は対照薬剤モンカット粒剤4Kg/10aの散布に比べて優る防除効果が認められ、実用性は高いものと判断された。また、本剤3Kg/10aの散布ではモンカット粒剤4Kg/10aの散布とほぼ同等の防除効果が認められ、同粒剤3Kg/10a散布に優る防除効果が認められ、実用性はあると判断された。薬害は認められなかった。なお、S−658粒剤の適正施用量はイネの生育段階により3〜4■/10aである。
研究分担生産環境・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039590
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat