花き類に発生するウイルスの種類と性状

花き類に発生するウイルスの種類と性状

課題番号1993002861
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
研究期間新H05〜H09
年度1993
研究問題温暖・傾斜農業地域における総合生産力向上技術の確立
大課題病原微生物の伝染機構の解明と制御技術の開発
中課題地域農作物の主要病原微生物の制御機構の解明と制御技術の開発
小課題花き類に発生するウイルスの種類と性状
摘要花き類には多種のウイルス病が発生し、安定生産の隘路となっている。そこで、栽培の多い施設栽培花き類に発生するウイルスの種類、性状、発生生態、診断方法を明かにし、ウイルス病の防除対策の確立に資する。試験は、以下の年次計画で実施する。■5〜9年:施設栽培花き類に発生するウイルス(ウイロイドも含む)について、逐一その性状をしらべ分類、同定するとともに、ELISA、DNAプローブ、電気泳動法などによる診断方法を確立する。なお、既知のウイルスについては市販抗血清利用によるウイルスの簡易診断技術を確立する。また、防除試験、温度処理や茎頂培養によるウイルスフリー植物の育成などを行う。■9年:発生するウイルスの系統分類、伝染様式などに基づく防除対策の明示。
研究分担生産環境・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039591
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat