タバココナジラミの生理生態の解明(89)

タバココナジラミの生理生態の解明(89)

課題番号1993002863
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題温暖・傾斜農業地域における総合生産力向上技術の確立
大課題害虫の発生生態の解明と制御技術の開発
中課題地域作物害虫の発生生態の解明
小課題タバココナジラミの生理生態の解明(89)
摘要タバココナジラミについては国外では系統分化の知見もあることから、新系統が侵入発生している可能性がある。わが国におけるこの虫の系統間の越冬、被害等、生理・生態について相違点を解明する。新系統はスイカズラなどが生育する在来系統と比較すると、好適植物の範囲は広く、特にポインセチア、トマト、キャベツ、カボチャで良好であり、産卵数は多く、幼虫の発育期間は短く、明らかに増殖力が高いことが判明した。さらに両系統間での交雑は困難であり、エステラーゼ活性が異なることも判明した。したがって、新系統と在来系統の存在が明らかになった。
研究分担生産環境・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039593
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat