温暖地灰色低地土における多収性水稲の養分吸収特性の解明(99)

温暖地灰色低地土における多収性水稲の養分吸収特性の解明(99)

課題番号1993002872
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題温暖・傾斜農業地域における総合生産力向上技術の確立
大課題農地土壌の管理及び施肥技術の開発
中課題主要農作物に対する施肥技術の開発
小課題温暖地灰色低地土における多収性水稲の養分吸収特性の解明(99)
摘要多収性水稲の安定多収を目的とし、アケノホシの窒素栄養を中心とした養分吸収特性を解明しようとした。アケノホシは日本晴に比べて籾・わら比が著しく高く、また玄米収量に対する窒素効率(単位窒素吸収量当たりの玄米収量)も高かった。アケノホシは日本晴より穂数は少ないものの1穂粒数が多く、総籾数は著しく多くなったが、このため登熟歩合が低下した。アケノホシでは栽培期間中は中干しをしないで常時湛水にし、また窒素施肥量は15■/10a以下にすると、倒伏が防止されて700■/10a以上の高収が得られた。化成肥料の側条施肥及び緩効性窒素肥料(被覆尿素)による窒素全量基肥施用は、窒素吸収量を増大させることから、アケノホシにおいて有効な施肥法になり得ることが示唆された。またリン酸とカリはやや増施することが望ましい。
研究分担生産環境・土壌管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039602
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat