野菜に対する低投入持続型施肥技術の開発(102)

野菜に対する低投入持続型施肥技術の開発(102)

課題番号1993002873
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題温暖・傾斜農業地域における総合生産力向上技術の確立
大課題農地土壌の管理及び施肥技術の開発
中課題主要農作物に対する施肥技術の開発
小課題野菜に対する低投入持続型施肥技術の開発(102)
摘要ポット試験で、単肥区(硫安−過石−塩加)、化成区(三要素入高度化成肥料)に対して改善区(硝安−リン加−硝加)を設けて施肥と作物の栽培を繰り返した。単肥区と化成区では土壌の電気伝導度(EC)が上昇して塩類が集積したことが示されたが、改善区においては塩類の集積はまったく認められなかった。土壌のpHは単肥区と化成区では著しく低下したが、改善区ではわずかの低下にとどまった。2作目のビタミン菜の生育は単肥区では著しく劣り、化成区ではバラツキが大きいものの平均的には劣ったのに対して、改善区では良好な結果が得られた。これらのことから、改善区のような三要素以外の随伴肥料成分を含まない施肥体系にすれば、土壌中の塩類過剰集積とそれに伴う作物の生育障害は回避されることが示唆された。
研究分担生産環境・土壌管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039603
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat