温暖地中山間水田営農における輪作技術体系の確立(108)

温暖地中山間水田営農における輪作技術体系の確立(108)

課題番号1993002878
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
研究期間継H03〜H08
年度1993
研究問題温暖・傾斜農業地域における総合生産力向上技術の確立
大課題複合型高度水田利用技術の確立
中課題基幹作物の省力・低コスト・良質・安定栽培技術の確立
小課題温暖地中山間水田営農における輪作技術体系の確立(108)
摘要温暖地の中山間水田営農における稲・麦・大豆を中心とする低コスト・高品質輪作技術体系を確立する。大豆の一工程畝立播種機を試作し、場内および現地においてその実用性について試験した。前作麦わらの切込み量400kg/10aでは播種作業に支障なかったが、700kgでは支障があり、約10%の欠株を生じ収量も低下した。施肥は大豆播種前の施用でよいが、苗立ちが悪い場合は中耕培土のときに施用するのがよかった。現地試験では、苗立ち・生育・収量とも良好であり、この方式はとくに播種後の排水性がすぐれている点で現地適応性が高いとみられた。この方式を中心とする輪作技術体系の策定およびその経営的評価などが今後の課題である。
研究分担企連・総研チーム
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039608
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat