蛋白質の低温でのキレートタッギング法の開発

蛋白質の低温でのキレートタッギング法の開発

課題番号1993002888
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
研究期間新H05〜H09
年度1993
研究問題温暖・傾斜農業地域における総合生産力向上技術の確立
大課題農作物の流通利用技術の開発
中課題地域農産物の品質評価及び管理技術の開発
小課題蛋白質の低温でのキレートタッギング法の開発
摘要蛋白質の放射能標識はその定量、代謝、性質の解析等に非常に有効であるが、現在放射性ヨウ素で標識する方法しかない。しかも、このヨウ素化法にはヨウ素の揮散等多くの問題があり、その解決が待たれている。キレートタッギング法はヨウ素化法の問題点を解決するものとして注目されているが、その標識条件が失活しやすい蛋白質には適していない。そこで、低温下でのタッギング条件を明らかにし(平成5〜6年)、失活しやすい蛋白質のキレートタッギング法による放射能標識を開発する(平成6〜7年)。得られた成果をトマト果実蛋白質の定量に応用する(平成8〜9年)。
研究分担作物開発・流通利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039618
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat