九州西方海域におけるマイワシの初期生活様式の実態解明

九州西方海域におけるマイワシの初期生活様式の実態解明

課題番号1993005330
研究機関名西海区水産研究所(西海水研)
研究期間新H05〜H07
年度1993
研究問題水産資源の生物特性の解明
大課題本邦西方海域における主要魚種の個体群生態の解明
中課題浮魚類の生物特性の解明
小課題九州西方海域におけるマイワシの初期生活様式の実態解明
摘要マイワシは資源変動が極めて大きい魚種である。40年に1万トン足らずであった漁獲量は、47年以降急増し、60年代に400万トン台を記録したが、近年減少が激しく、3年には100万トン程度と推定されている。この漁獲量の変動は資源量のそれに起因しており、資源の変動要因の1つとして、卵稚仔魚時代の減耗の多寡が指摘されている。本研究では、モデル水域である五島灘とその周辺から採集した卵稚仔標本に基づいて、マイワシ幼期の成長や減耗の実態を把握し、これらの良否を餌料環境及びマイワシ幼期の形態特性(本大型別枠研究第1期の成果)との関連で考察することによって、マイワシの初期減耗機構を明らかにする。
研究分担資源管理・浮魚資生研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039644
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat