東シナ海・黄海のトラフグの生物特性(22)

東シナ海・黄海のトラフグの生物特性(22)

課題番号1993005332
研究機関名西海区水産研究所(西海水研)
研究期間継H03〜H06
年度1993
研究問題水産資源の生物特性の解明
大課題本邦西方海域における主要魚種の個体群生態の解明
中課題底魚類の生物特性の解明
小課題東シナ海・黄海のトラフグの生物特性(22)
摘要4年度は魚体測定を継続し、年齢形質、生殖腺の採取等を行う一方、これまでの知見を基に分布・回遊、成長、成熟・産卵等について検討した。この結果、東シナ海・黄海のトラフグは日本沿岸に産卵回帰することが判明した。また、年齢形質として脊椎骨の他に胸鰭基底の射出骨が有効であることが確認され、この知見を基に年齢査定への応用を図った。さらに生殖腺の組織学的検討結果から、雄は多回放精、雌は1回産卵と推定された。5年度は日本沿岸各地の研究機関と連携して生物学的知見を充実させ、本種の生態解明を進める。
研究分担下関・底魚資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039646
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat