東シナ海におけるフグ類の資源評価(37)

東シナ海におけるフグ類の資源評価(37)

課題番号1993005349
研究機関名西海区水産研究所(西海水研)
研究期間継S52〜H07
年度1993
研究問題水産資源の変動機構の解明
大課題東シナ海・黄海及び日本海西部海域における水産資源の評価
中課題底魚類の資源評価
小課題東シナ海におけるフグ類の資源評価(37)
摘要4年度は市場の水揚げ統計、漁船の漁獲統計等を用いて資源の現状について検討した。トラフグの資源は低水準で減少傾向にあると判断された。特に中心漁場である東シナ海・黄海(以西)の漁獲量が、外海域全体の10%以下に低下する一方、近海、沿岸域(以東)での操業が強化され、漁獲圧力は一層増加している。漁場別(以西、以東)漁具別(底縄、スジ縄)にみた単位努力量当たり漁獲量(CPUE)は60年以来急速に低下しており、現在の水準はいずれも60年の1/3程度となっている。漁獲物組成をみると、漁獲量の減少の中で特に大型魚の割合が極端に低下しており、再生産の維持に支障をきたすことが危惧される。#タ
研究分担下関・底魚資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039663
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat