食物関係からみた底魚類の共存機構の解明(61)

食物関係からみた底魚類の共存機構の解明(61)

課題番号1993005371
研究機関名西海区水産研究所(西海水研)
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題有用水産資源の培養及び管理技術の確立
大課題九州西岸及び沖合域における魚介類の餌料環境と環境収容力の解明
中課題有用魚介類を中心とする生物群集の動的構造の解明
小課題食物関係からみた底魚類の共存機構の解明(61)
摘要マダイ及びその主要共存魚種であるチダイ、サビハゼ、ヒメジ、ネンブツダイが、湾奥部に集中する時の食性はチダイがアミ類を主食とする以外は全てヨコエビ類を主食とする。しかし、魚種間の食物重複度指数をヨコエビの種レベルで比較すると月・年度間で高低が見られた。これは、環境中のニッポンスガメの分布密度が高い時には多くの共存魚種がこのヨコエビ種を主食とするが、低くなるとマダイ以外は他のヨコエビ種に主食を転換するという食性分離の結果であった。しかも、マダイは主食を換えないという意味ではマダイ優位の分離と考えられる。一方、この分離はヒメジ及びサビハゼの餌の小型化を招く結果となり、両種にとっては不利な食性転換になった可能性が高い。
研究分担資源増殖・魚増殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039685
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat