有明海におけるイヌノシタ属若齢魚の分布と成長(62)

有明海におけるイヌノシタ属若齢魚の分布と成長(62)

課題番号1993005373
研究機関名西海区水産研究所(西海水研)
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題有用水産資源の培養及び管理技術の確立
大課題九州西岸及び沖合域における魚介類の餌料環境と環境収容力の解明
中課題有用魚介類を中心とする生物群集の動的構造の解明
小課題有明海におけるイヌノシタ属若齢魚の分布と成長(62)
摘要イヌノシタ属2種を対象に有明海の湾奥東部で調査をした。3〜5月に着底直後のコウライアカシタビラメを採集した。体長組成や採集密度の変化から、成長に伴う移出は徐々に行われ、10月には大半が移出したと推定された。一方、アカシタビラメは、7月〜10月に着底直後の個体が採集された。成長に伴う顕著な移動は、アカシタビラメでは認められなかった。体長組成のモード推移による体長50mmまでの1日当たりの平均成長速度は、コウライアカシタビラメで約0.9mm、アカシタビラメで約0.7mmであった。成長については、今後、複数年の試料の蓄積を図り、再検討する予定である。
研究分担資源増殖・魚増殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039687
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat