主要海棲植食動物の餌及び場をめぐる種間関係(64)

主要海棲植食動物の餌及び場をめぐる種間関係(64)

課題番号1993005376
研究機関名西海区水産研究所(西海水研)
他機関東北水研
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題有用水産資源の培養及び管理技術の確立
大課題九州西岸及び沖合域における資源培養による漁業生産の増大
中課題有用魚介類種苗の育成及び放流技術の開発
小課題主要海棲植食動物の餌及び場をめぐる種間関係(64)
摘要主要海棲植食動物の種間関係を明らかにする目的で、クロアワビ当歳貝とムラサキウニを対象に棲み場や食性の違いを把握した。クロアワビ当歳貝は転石が接している隙間や、岩盤のムラサキウニの棘の下に分布する。ムラサキウニは生息場所によって殻径組成や生殖腺の発達が異なり、生殖板の輪紋と殻径より成長の違いが示唆されたが、消化管内容物の量や組成に違いは認められなかった。ムラサキウニの棘の下で生息するクロアワビはほとんどが当歳貝で、隠れ場として利用していると推察された。ムラサキウニとクロアワビ当歳貝の消化管内容物には違いがみられ、餌をめぐる競争は小さいものと考えられた。5年度から、新規課題「アワビ類の個体群特性の解明と管理」に引き継がれ、クロアワビの種内関係や成長に伴う棲み場の変化等を明らかにする予定である。
研究分担資源増殖・藻介増殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039690
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat