低酸素ストレスに対する植物根の反応と適応機構(55)

低酸素ストレスに対する植物根の反応と適応機構(55)

課題番号1993002294
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間完H03〜H04
年度1993
研究問題やませ地帯における総合生産力安定向上技術の確立
大課題土壌生態系の機能及び作物・草地群落の生理生態機能の解明と制御・利用技術の開発
中課題作物等の生理生態機能と環境適応性の解明と利用技術の開発
小課題低酸素ストレスに対する植物根の反応と適応機構(55)
摘要耐湿性の強いイネと弱いコムギの根を用い、低酸素分圧下での酸素に対する親和性やその利用効率の差を調べた。イネは藤坂5号、コムギはChinese Springを用いた。幼苗根の1ヶ月間の生長量を調べたところ、イネ根は酸素2%で生長が抑制され始めたが、コムギ根では5%で生長抑制がみられた。酸素吸収速度はコムギでは5%から低下したが、イネでは2%からであった。酸素電極を用いて根の酸素に対する親和性を測定したところ、イネはコムギより酸素に対する親和性が高かった。一方、呼吸の鍵酵素の酸素に対する親和性に差はなかった。これらの結果より、根の酸素親和性の違いは細胞内及び根組織内の酸素拡散抵抗の違いによると考えられた。本課題はまとまった成果が得られたので4年度で完了する。成果は「育種工学的手法を用いた品種改良」に受け渡す。
研究分担作物開発・育種工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039750
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat