寒冷地北部向き育成系統の超多収性の検定と栽培特性の解明(93)

寒冷地北部向き育成系統の超多収性の検定と栽培特性の解明(93)

課題番号1993002332
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継H04〜H07
年度1993
研究問題寒冷地の平担水田地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題水稲品種の育成と高品質安定多収栽培技術の確立
中課題高品質・多収水稲の生理生態特性の解明と生育管理技術の開発
小課題寒冷地北部向き育成系統の超多収性の検定と栽培特性の解明(93)
摘要奥羽331号の粗玄米最高収量は、窒素19kg/10a施用区で824kg/10aとなり、比較品種アキヒカリの795kg/10aを上回った。奥羽342号は、窒素19kg/10a施用区で749kg/10aとなりアキヒカリに及ばなかった。登熟期間の奥羽331号の止葉のクロロフィル含量と可溶性タンパク質含量はアキヒカリと同程度だったが純同化率は高く保たれた。また、登熟の後半における穂乾重の増加程度は、アキヒカリでは低下したが、奥羽331号では低下しなかった。奥羽342号の止葉のクロロフィル含量と可溶性タンパク質含量はアキヒカリに比べ高く保たれ、純同化率は低下しなかったが、穂乾重の増加程度は低下した。
研究分担水田利用・栽培生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039788
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat