温度変動の拡大が水稲の登熟に及ぼす影響の解明

温度変動の拡大が水稲の登熟に及ぼす影響の解明

課題番号1993002335
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間新H05〜H08
年度1993
研究問題寒冷地の平担水田地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題水稲品種の育成と高品質安定多収栽培技術の確立
中課題高品質・多収水稲の生理生態特性の解明と生育管理技術の開発
小課題温度変動の拡大が水稲の登熟に及ぼす影響の解明
摘要環境変化により、気温の上昇だけでなく温度変動が拡大することも予想される。登熟期のイネが温度変動に遭遇する時の登熟に受ける影響について、胚乳における同化産物の蓄積及び稈・葉鞘の出穂前蓄積同化産物の転流に関わるデンプン合成・分解能の視点から明らかにし、生産量変動予測のための基礎的知見を得る。5〜7年度:胚乳におけるデンプン合成酵素活性等を測定し、温度変動に対する反応を明らかにする。6〜8年度:稈・葉鞘の出穂前蓄積同化産物の合成・分解能が温度変動により受ける影響を調査する。登熟に果たす、出穂前蓄積同化産物の貢献度の温度変動による変化が明らかとなる。
研究分担水田利用・栽培生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039791
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat