標準菌株によるいもち病真性抵抗性遺伝子の推定(95)

標準菌株によるいもち病真性抵抗性遺伝子の推定(95)

課題番号1993002336
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継H01〜H07
年度1993
研究問題寒冷地の平担水田地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題水田病害虫の総合管理技術の確立
中課題水田病害の発生生態の解明と制御技術の開発
小課題標準菌株によるいもち病真性抵抗性遺伝子の推定(95)
摘要新形質米育成系統及び育種素材のいもち病抵抗性遺伝子型推定を行った。イネ15系統に42レース(各1〜2菌株)を接種しその反応を調べた結果、10系統の遺伝子型が推定された。内訳は、+型1系統、Pi−a型1系統、Pi−aPi−k型1系統、Pi−ta2型1系統、Pi−b型2系統及びPi−aP−b型5系統であった。ただし、10系統のうち2系統は、他の抵抗性遺伝子を併有する可能性がある。また、戻し交雑後代検定法(鳥山ら1983)により検定した結果、秋風はPi−aPi−bを保持し、他に4個の抵抗性遺伝子を持つこと、タカナリはPi−bと他に2個の抵抗性遺伝子を持つことが明らかとなった。
研究分担水田利用・水田病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039792
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat