イネいもち病誘導抵抗性の発現機構解明と利用技術の開発(98)

イネいもち病誘導抵抗性の発現機構解明と利用技術の開発(98)

課題番号1993002339
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継H03〜H07
年度1993
研究問題寒冷地の平担水田地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題水田病害虫の総合管理技術の確立
中課題水田病害の発生生態の解明と制御技術の開発
小課題イネいもち病誘導抵抗性の発現機構解明と利用技術の開発(98)
摘要イネの細胞レベルでいもち病菌のレース特異的反応と一致する破裂プロトプラスト出現の誘導・抑制に関与する物質の部分純化を行い、その産生時期を検討した。いもち病菌培養濾液の低分子画分を段階式アルコール濃度勾配法により逆相クロマトグラフィーを行うと、40%アルコール画分中に活性が認められた。ショ糖無添加酵母エキス培地中で2週間及び1カ月間培養したいもち病菌から抽出した40%アルコール画分中にも、6カ月間培養したものと比べて濃度は低かったものの、細胞レベルでレース特異的反応と一致する破裂プロトプラスト出現の誘導・抑制に関与する物質の活性が認められたことから、本物質は培養早期においても産生されることが判明した。
研究分担水田利用・水田病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039795
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat