粉体試料を用いた品質評価法の開発(136)

粉体試料を用いた品質評価法の開発(136)

課題番号1993002372
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
他機関道立中央農試
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題寒冷地の畑作地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作物品種の育種法の確立
中課題品質・成分育種法の開発
小課題粉体試料を用いた品質評価法の開発(136)
摘要大豆の蛋白質含量について粉体試料を用いた近赤外分光法による評価法を開発するため、スペクトルデータの集積および標準検量線の作成を行った。育成場所産を含む供試266品種・系統のケルダール法による化学分析値は27%〜51%に分布し、根粒非着生の2系統が特に低い値を示した。120品種・系統の粉体試料の近赤外分光スペクトルデータを集積し、これを2次微分した後、標準回帰分析法により解析し、標準検量線を作成した。この検量線を未知試料146品種・系統を用いて評価したところ、かなり安定した近赤外分析値が得られたが、さらに精度を向上させるためにはデータの集積が必要であると判断された。
研究分担作物開発・成分育法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039828
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat