だいずの育成系統の適応性検定試験(149)

だいずの育成系統の適応性検定試験(149)

課題番号1993002382
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
他機関作物開発部長
研究期間継S41〜H99
年度1993
研究問題寒冷地の畑作地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作物品種の育成
中課題大豆品種の育成
小課題だいずの育成系統の適応性検定試験(149)
摘要有望な系統を選抜するため、普通畑標準播での生産力検定試験に加え、晩播栽培・転換畑栽培における適応性検定試験を行った。また、育成系統を系適場所に配布し、地域適応性を検定した。■標準播きでは東北106、114、115号が優れた。■転換畑では東北102、114号が優れた。■晩播栽培では東北106、111、114号が優れた。■総合して有望な系統は東北102、106、114号である。また、系適試験で優れた刈系1系統に東北117号の地方番号を付した。この系統は育成地及び東北地方の各県農試で奨励品種決定の試験に供する。
研究分担作物開発・大豆育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039838
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat