なたね品種の特性調査(172)

なたね品種の特性調査(172)

課題番号1993002405
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間止S56〜H04
年度1993
研究問題寒冷地の畑作地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作物品種の育成
中課題畑作物育種素材の収集・保存と特性評価
小課題なたね品種の特性調査(172)
摘要既存品種のグルコシノレート含量を調査し、なたね優良品種の育成に資する。育成品種50、外国より導入の低グルコシノレート11品種を供試して、パラジューム法により総グルコシノレート含量を測定した。育成品種ではグルコシノレート含量は60〜161μmol/gであった。農林18号が60で最も低く、農林12号は160と最も高かった。低グルコシノレートの外国品種は6〜37μmol/gの範囲で、最近の育成品種は10以下と低いことが特徴であった。5年度は育成品種の低グルコシノレートの由来について検討する。この課題は「なたね遺伝資源の特性評価」の課題に統合する。
研究分担作物開発・資源作物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039861
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat