ウシにおける染色体多型と生産性との関連性(217)

ウシにおける染色体多型と生産性との関連性(217)

課題番号1993002452
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
他機関畜試
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題草地の高位生産性を基盤とした寒冷地畜産の総合生産力向上技術の確立
大課題家畜の作出法と繁殖技術の確立
中課題草食家畜資源の遺伝的特性の解明と利用技術の開発
小課題ウシにおける染色体多型と生産性との関連性(217)
摘要黒毛和種で見られた7/21ロバートソン型転座と妊性との関係を明らかにするために、7/21転座種雄牛の繁殖能力について調査した。その結果、7/21転座種雄牛の精巣の組織像、精液性状には特に異常は認められなかった。また、娘牛の初産日齢や分娩間隔などの繁殖成績の分析からも転座の影響は確認されなかった。しかし、この転座をヘテロに保有する種雄牛の減数分裂においては、遺伝的に不均衡な細胞が低率ではあったが観察されたことから、7/21転座が妊性の低下を惹起していることも考えられた。また、これまでの広範囲な細胞遺伝学的調査の結果、7/21転座は黒毛和種の集団には特に高い頻度ではないものの広く分布していることが明らかになった。これらの成果は学会報等により公表された。
研究分担畜産・家畜育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039908
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat