肥育牛における部位別脂肪蓄積能の早期判定技術

肥育牛における部位別脂肪蓄積能の早期判定技術

課題番号1993002473
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間単H05〜H05
年度1993
研究問題草地の高位生産性を基盤とした寒冷地畜産の総合生産力向上技術の確立
大課題家畜飼養管理技術の確立
中課題草食家畜の生理生態機能の解明と飼養管理技術の開発
小課題肥育牛における部位別脂肪蓄積能の早期判定技術
摘要(目的)安価な赤肉消費が伸び、より低コストの赤肉主体の牛肉生産技術の開発が求められている現在、余剰脂肪が蓄積しない飼料給与体系の確立と、生体情報から脂肪蓄積能を推定する技術の開発を目的とする。(研究計画)生体情報としての月齢、体重、体型測定値、超音波測定装置を用いて測定した皮下脂肪の厚さなどと、枝肉の脂肪分布との関係を調べる。脂肪は枝肉の表面に付着する皮下脂肪、筋肉間に存在する筋間脂肪および枝肉内面に付着する内面脂肪に分類し、さらに、肩、とも及び腿の部位別に分け、生体情報との関係を詳しく調べる。(期待される成果)肉用牛の生体情報から牛肉生産の量的特性が把握され、牛の個体特性に適した合理的肥育方式が確立される。
研究分担畜産・栄養生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039929
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat