水稲水耕育苗および苗貯蔵における生育制御技術の開発(254)

水稲水耕育苗および苗貯蔵における生育制御技術の開発(254)

課題番号1993002495
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間完H03〜H04
年度1993
研究問題東北地域における農業生産技術システムと高生産性営農方式の確立
大課題農業生産の機械化・施設化・システム化技術の確立
中課題農業生産システムの最適化手法と大規模機械化栽培技術の開発
小課題水稲水耕育苗および苗貯蔵における生育制御技術の開発(254)
摘要育苗資材の節減、省力化、施設の反復利用による低コスト化を図るために、水耕による大量育苗技術の開発を目的として、苗の生育制御法と貯蔵法について検討した。水耕育苗では根がらみによりマットが形成されるが、過度の根がらみのため田植機の掻き取り精度が劣った。根の生育抑制には水耕液に低濃度の24PA剤を添加することが有効であったが、最適濃度・施用時期等は明らかにできなかった。温度を4、6、8、10、12℃の5段階で21日間貯蔵後に苗の活着程度を見ると、8℃において活着率が高く、発根数も多かった。成果の受渡し先:農機学会東北支部報で発表。「ハイドロポニクス汎用作物生産施設の開発」、「施設におけるエネルギーの総合的利用システムの開発」に引き継ぐ。
研究分担水田利用・作業シス研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039951
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat