肉用子牛の新生産技術の経営的評価−寒冷地における新生産技術の経営的評価と適用条件の解明−(262)

肉用子牛の新生産技術の経営的評価−寒冷地における新生産技術の経営的評価と適用条件の解明−(262)

課題番号1993002500
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間完H03〜H04
年度1993
研究問題東北地域における農業生産技術システムと高生産性営農方式の確立
大課題農業経営と農業組織の合理的管理方式の確立
中課題農業経営発展のための技術的、経済的、社会的要因の解明
小課題肉用子牛の新生産技術の経営的評価−寒冷地における新生産技術の経営的評価と適用条件の解明−(262)
摘要酪農経営における和子牛借り腹生産を対象として、岩手県下の実態調査に基づき、和子牛借腹生産の第一次生産費と酪農家の所得変化を試算した。第一次生産費は約24〜36万円であり、和牛繁殖農家の現状の67〜100%のコストで素牛市場に和子牛を供給することが可能である。一方、酪農経営の付加価値獲得を目的とする場合には、価格低迷が続くホルスタインのヌレ子を販売するよりも1頭当たり約7〜18万円の所得増になる。また、搾乳のための後継牛確保を前提とすると年間の借り腹生産頭数は2〜3頭と推計された。なお、研究成果については、研究成果情報および研究資料「受精卵移植・体外受精技術の経営的評価」として公表した。
研究分担農村計画・経営管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039956
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat