イネ白葉枯病菌各レース及び各種変異株のRFLP分析(25)

イネ白葉枯病菌各レース及び各種変異株のRFLP分析(25)

課題番号1994000334
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H03〜H07
年度1994
研究問題遺伝資源の収集・保存・利用技術の開発
大課題遺伝資源の収集・利用の効率的手法の開発
中課題遺伝資源の評価・利用法の開発
小課題イネ白葉枯病菌各レース及び各種変異株のRFLP分析(25)
摘要日本産イネ白葉枯病菌の各レースの代表菌株13株及び1991年国内収集菌株107株を供試し、プローブpJEL101と制限酵素BamHIを用いてRFLP分析を行い、それらの遺伝的多様性について検討した。その結果、供試菌株はRFLPパターンによりレースごとに識別され、さらに同一レース内にも数種類の多型が存在することが明かとなった。すなわち、供試菌株はレース■Αで3タイプ、■Βで8タイプ、■で6タイプ、■で5タイプのサブグループに類別された。また、レース■B及び■に属する大部分の菌株はそれぞれ主要な2つのパターンを示した。さらに、供試菌株を各レースのRFLPパターンを基にクラスター解析した結果、大きく3つのクラスターを形成し、各レースはそれらのクラスター内で、さらにレースごとのサブクラスターとして類別された。
研究分担遺資一・微探評価研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039981
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat