イネ白葉枯病誘導抵抗性機構の解明とその利用(26)

イネ白葉枯病誘導抵抗性機構の解明とその利用(26)

課題番号1994000335
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H03〜H07
年度1994
研究問題遺伝資源の収集・保存・利用技術の開発
大課題遺伝資源の収集・利用の効率的手法の開発
中課題遺伝資源の評価・利用法の開発
小課題イネ白葉枯病誘導抵抗性機構の解明とその利用(26)
摘要イネ白葉枯病菌の非親和性レースを接種したイネ葉(品種ジャワNo.14)から抗菌成分を分離・精製するため70%メタノールで抽出を行った。この抽出液を減圧下で濃縮し、メタノールを除去した。さらに、濃縮液に酢酸エチルを加えて有機溶媒抽出を行った。この酢酸エチル抽出物についてODS化したシリカゲルTLCプレートを用いて、水・アセトアニリル(1:1)で展開後、紫外線下でスポットの検出を行った。その結果、長波長下(362ンnm)で健全葉からの抽出物からは検出されない、もしくは感染により著しく増高する画分を得た。また、短波長下(254nm)ではさらに数個のスポットが認められた。これらの画分の抗菌活性について検討した結果、カップ法等で明らかな抗菌活性が認められた。
研究分担遺資一・微探評価研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039982
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat