暖地型イネ科牧草のアポミクシス性の評価法(33)

暖地型イネ科牧草のアポミクシス性の評価法(33)

課題番号1994000342
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題遺伝資源の収集・保存・利用技術の開発
大課題遺伝資源の収集・利用の効率的手法の開発
中課題遺伝資源の評価・利用法の開発
小課題暖地型イネ科牧草のアポミクシス性の評価法(33)
摘要ギニアグラスとバヒアグラスのアポミクシス性を評価する方法を改良するため、胚のう分析における試料の固定法と透明化剤の種類を試験した。その結果、子房の固定をFPA50(ホルマリン:プロピオン酸:50%エタノール=5:5:90)で4℃、5日間行い、透明化剤としてサリチル酸メチルを用いることにより、ギニアグラス、バヒアグラスともに胚のう細部の良好な微分干渉像を観察することができ、アポミクシス性の評価が容易になった。この成果を、九州農試・畑地利用部・遺伝資源利用研の新規課題「二倍体アポミクトの選抜」において活用する。
研究分担遺資一・植物分類研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030039989
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat