窒素固定関連遺伝子の構造と発現制御機構の解析

窒素固定関連遺伝子の構造と発現制御機構の解析

課題番号1994000389
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間新H06〜H10
年度1994
研究問題農業生物の生理機能・生体機能の制御・利用技術及び未利用生物の有効利用技術の開発
大課題植物におけるエネルギーの固定と代謝制御機構の解明
中課題植物における生物的窒素固定機構の解明
小課題窒素固定関連遺伝子の構造と発現制御機構の解析
摘要イネ科植物の根圏において、ゆるい共生関係を結ぶ単生窒素固定菌(Azospirillum、Xanthobacter等)、ならびにマメ科植物に根粒を形成し共生窒素固定を行う根粒菌等の窒素固定細菌中に存在する窒素固定関連遺伝子のプロモーター部分を取り出す。得られたDNA断片を、プロモーターを削り取ったlacZY遺伝子をレポーター遺伝子とする広宿主域プロモーター検索ベクターのクローニングサイトに挿入し、transcriptional fusionによって窒素固定関連遺伝子のプロモーターの発現を調べる。これにより窒素固定菌と宿主植物との相互作用を解析し、共生窒素固定の分子機構の解明に資することを目的とする。
研究分担機能開発・窒素固定研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040036
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat