植物の感染時特異的発現用プロモーターの開発

植物の感染時特異的発現用プロモーターの開発

課題番号1994000416
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間新H05〜H07
年度1994
研究問題農業生物の生理機能・生体機能の制御・利用技術及び未利用生物の有効利用技術の開発
大課題植物,微生物及び小動物における生体機能利用技術の開発
中課題生物の相互作用機構の解明
小課題植物の感染時特異的発現用プロモーターの開発
摘要組換えDNA技術を用いた有用植物の研究はすでに始まっているが、その多くは恒常的に働くプロモーターを利用しているため、導入遺伝子を特定の時期や器官でのみ発現させることができない。今後、より有用で安全な組換え植物を作出するためには、導入遺伝子の発現を高度に制御する必要がある。そこで本研究では、イネのキチナーゼ遺伝子を基に、植物に病原菌が感染した場合に特異的に働くプロモーターの開発を目的とする。5年度は、イネいもち病菌の感染によるキチナーゼ遺伝子の発現誘導の検討、及びキチナーゼ遺伝子の転写開始点の同定を行った。
研究分担機能開発・微機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040063
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat