植物蛋白質の同定ならびに相同性の比較のためのモノクロナール抗体の利用(120)

植物蛋白質の同定ならびに相同性の比較のためのモノクロナール抗体の利用(120)

課題番号1994000421
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H01〜H06
年度1994
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題新育種素材作出のための組換えDNA技術の開発
中課題有用形質における遺伝子の同定・単離と形質発現の解析
小課題植物蛋白質の同定ならびに相同性の比較のためのモノクロナール抗体の利用(120)
摘要マンゴーかいよう病の病原細菌Xanthomonas campestris pv.mangif−eraeindicaeの生菌、ホルムアルデヒド処理菌ならびに超音波処理菌を、それぞれ免疫したマウスの脾細胞とミエローマ細胞との融合により、モノクローナル抗体産生ハイブリドーマをスクリーニングした。ELISA法により各細菌系統に対する反応性を調べた結果、作製されたモノクローナル抗体は日本産分離株を含む本細菌系統に対する反応性に基づき少なくとも3群に分けられた。
研究分担遺資二分子育種・酵素化学研微保存研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040068
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat