イネ苗立枯病抵抗性遺伝子の単離と構造解析(129)

イネ苗立枯病抵抗性遺伝子の単離と構造解析(129)

課題番号1994000430
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題新育種素材作出のための組換えDNA技術の開発
中課題有用形質における遺伝子の同定・単離と形質発現の解析
小課題イネ苗立枯病抵抗性遺伝子の単離と構造解析(129)
摘要イネ苗立枯病菌のだす毒素リゾキシンのターゲットであるイネの微小管を構成する主要な蛋白質であるβ−チューブリンのうち根で発現するcDNAを単離し構造解析し、構造を改変して毒素耐性植物を作出することを目的とする。イネ幼根ライブラリーより3種類(pTUB1、R1623、R2242)の完全長β−チューブリンcDNAを得て、それぞれ1734、1548、1611bpの塩基配列を決定した。それらは各々第3、第1、第2染色体にマップされ、多重遺伝子の分散が示された。これらチューブリンは、その塩基配列から推定されたアミノ酸配列から、すべてがイネ苗立枯病の毒素リゾキシンに対して感受性型(100番目のアミノ酸がアスパラギン)であった。ノーザン分析から、R1623は黄化葉と幼根で、R2242は黄化葉で強く発現していた。
研究分担企画調整分子育種・ゲノム研遺子構造研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040077
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat