分子遺伝学的手法を用いた染色体機能の解析(144)

分子遺伝学的手法を用いた染色体機能の解析(144)

課題番号1994000450
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間完S60〜H05
年度1994
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題新育種素材作出のための組換えDNA技術の開発
中課題植物の染色体地図の作製及びその周辺技術の開発
小課題分子遺伝学的手法を用いた染色体機能の解析(144)
摘要植物の染色体を識別・同定し、染色体の各領域の機能の差異を検出する手法を開発することを目的として、植物染色体の識別・同定のための画像解析法と各種分染法の開発、ミクロサテライトの同定をおこなった。オオムギの染色体についてはNバンドに基づく、定量的イデオグラムを作製し、トウモロコシのG分染像及びダイズのRバンドを得ることができた。クロマチンファイバーの凝集程度(CP)を定量化し、イネ、シロイヌナズナのすべての染色体の識別・同定に成功した。ダイズについては染色体のグループ化が可能であり、グリシン属植物に特徴的な染色体を同定することができた。またダイズにはCT、GAA、GTGを反復コアとするミクロサテライトが密に散在していること、AATの6反復をプローブにしたサザンハイブリダイゼーションが品種の識別に極めて有効であることを示した。
研究分担分子育種・適応遺子研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040097
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat