巨大DNA整列ライブラリーを利用した物理地図作製手法の開発(150)

巨大DNA整列ライブラリーを利用した物理地図作製手法の開発(150)

課題番号1994000456
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H03〜H09
年度1994
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題新育種素材作出のための組換えDNA技術の開発
中課題植物の染色体地図の作製及びその周辺技術の開発
小課題巨大DNA整列ライブラリーを利用した物理地図作製手法の開発(150)
摘要物理地図作製のために作製したYAC及びコスミドライブラリーに関して、それぞれ96穴マイクロタイタープレートに保存した。これらをもとにBeckman Biomek1000を用いて高密度(HDR)フィルターを作製した。1枚のHDRフィルター上には16枚のマイクロタイタープレートから移した1536クローンがそれぞれ独立にドットされている。これらのフィルターを用いて、コロニーハイブリダイゼーション法によって、RFLP連鎖地図上に座乗する各種マーカーのスクリーニングを行なった。方法としては、ナイロンメンブランを使用し、Biomek1000で直接クローンを接種したフィルターをマスターフィルターとして、レプリカを取ることによって多くのフィルターを均一な条件で作製した。このレプリカフィルターを用いることにより、ECLシステムで良好な結果が再現性良く得られることが確認された。現在、第6染色体上に座乗するマーカーでスクリーニングを進め、YACコンティグを作製中である。
研究分担企画調整・ゲノム研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040103
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat